水郷蟹江の歴史・文化財編

蟹江町の歴史について紹介したいと思います。只今製作途中、随時更新していく予定です。

蟹江の地名由来について

水郷の里、蟹江地名の起こりは、定かではありませんが、河口部にカニが群生していたところから「蟹江」という地名になったとの説を筆頭に諸説あります。カニは一般に水辺に生息し、ある意味で常に水が入る土地で群生している土地から「蟹江」と名付けられたのではないかと思われます。そこでは、「カニ」とは水害の危険があるところとの意味を兼ね合わせているのかもしれません。蟹江が文献上最初に登場するのは『水野家文書』にある建保3年の「祐信譲状」であるとされています。ただ、大字須成にある龍照院の十一面観音(国重文)は、胎内墨書銘により寿永元年に造像された仏像で、同寺が「蟹江山」の称号を持ち合わせていることから「水野家文書」よりも時代を遡ることができると思われます。鎌倉時代、円覚寺所有の『尾張国冨田荘絵図』によれば、荘内を蛇行する河川(庄内川水系)に沿った下流部に「蟹江」「今村」など現存する字名が記載されています。

中世から戦国にかけての蟹江

中世以降は、蟹江本町地区(現城地区)周辺に蟹江城が築かれました。特に戦国時代の蟹江城は、伊勢湾海上交通や長島一向一揆拠点に対する要衝地として重要な役割を果たし数度の攻防戦が繰り広げられています。特に天正10年、織田信長死後、その後継者を巡って戦われた天正12年の「小牧長久手の戦い」の際には、大規模な戦闘が蟹江城一帯で繰り広げられました。

近世の蟹江

江戸時代は蟹江川河口部分に港が設置され、船運を利用できる蟹江本町地区は商業・漁業の経済活動の中心としてして津島に続く海部地域第2の都市として栄えました。『尾張名所図会』の「蟹江川」の項にもその賑やかさが描かれ、文中には「蟹江川デハ漁商ノ船、ココニ湊ヒ米穀・野菜モ朝夕ニ交易シテ」と記述されています。また尾張藩『郡村徇行記』では、「舟入川(蟹江川)ヘ処々ヨリ商船入津アリ、勢州四日市ヨリ茶ヲ運漕シ、知多郡多屋村アタリヨリ薪を積来リ、マタ、岐阜長良辺ヨリハ灰ヲ積来レリ・・・」と伊勢湾海上交通の要所として百石船が出入りし栄えた当時の蟹江本町周辺の様子が述べられています。なお、この時代、蟹江本町と門前町の須成には、定期市の六斎市が開設されていました。

蟹江町資料編

水郷蟹江に関する歴史・史跡などに関しては、以下のページで案内しています。よろしければ各画像をクリックの上ご覧ください。

歴史編

写真は蟹江城址公園です。戦国時代に蟹江城では大規模な合戦が行われました。ここでは蟹江町で起こった歴史的な出来事を紹介します。

地名編

写真は江戸時代の古地図、ページで収録されている古地図は、徳川林政史研究所所蔵で『蟹江町史・付録』に収録されています。町内各地区字名など地名の由来や歴史について紹介します。

史跡編

舟入地区蟹江川沿いにある舟入漁業記念碑です。昭和30年代まで、舟入地区には漁港があり、多くの水産物が水揚げされ、市場も設置されて賑わっていたとされています。ここでは蟹江町内の記念碑などを紹介します。

神社編

国重要無形民俗文化財「須成祭」が執り行われる須成神社です。両本殿も室町時代の建築様式を残し、国重要文化財に指定されています。ここでは町内の神社について紹介します。

寺院編

蟹江山常楽寺龍照院本堂です。本尊の木造十一面観音立像は平安時代末期に造像されたもので国重要文化財に指定されています。ここでは蟹江町内の寺院について紹介します。

交通編

近鉄富吉駅を通過する特急「アーバンライナー」です。町内の街道や鉄道などの歴史を紹介しています。