水郷楽人のB級グルメ編

あちこち各地を食べ歩いたB級グルメを紹介します。特にラーメンが主体となっています。

中華そば・ラーメン

★こってり味

名古屋市守山区の「新谷」の中華蕎麦です。一杯800円、分厚いチャーシューとメンマがとても美味しいです。スープはあっさり気味なのですが、全体的にはこってりした味に仕上がっているような感じでした。

蟹江町本町にある「うま屋蟹江店」の特製ラーメンです。こってり味の豚骨スープと腰のある麺が良くマッチして美味しいです。希望に応じて九条ネギがトッピングできるのが有難いです。

岐阜県柳津町のモールにある「東京じゃんがら」の醤油ラーメン、一杯500円でした。同系列「九州じゃんがら」の東海地区唯一の味を楽しめるお店、東京味の醤油ラーメンらしいお味でした。

蟹江町蟹江新田にある「本丸亭蟹江店」の博多ラーメンです。こってりした豚骨スープと細麺が特徴のラーメンでした。好みに応じて紅ショウガや摺ごまをトッピング、チャーシューも蕩けるようで美味しいラーメンです。

蟹江町蟹江新田にある「華夢華夢」の醤油ラーメンです。外見は懐かしい感じがしますが、どちらかと言えばスープは濃口でこってりした舌ざわりのラーメンです。中華料理店のラーメンと言ったところでしょうか。

名古屋の地ラーメンと言えば「スガキヤ」の和風豚骨ラーメンですね。弥富市のイオンタウンに入り、久々に食べてみました。特製ラーメン450円とお値打ちなのも有難いです。

京都伏見まち歩きの際に、伏見店に入りました。王将は「餃子の王将」として有名ですね。京都発祥のお店、チャーハンにするか迷いましたが、ラーメンをオーダーしました。シンプルですが、こってりとしたお味でした。

奈良県天理市「彩華」の醤油ラーメン、ニンニクとニラの風味が効いて、白菜がたっぷりと入ったラーメンです。一杯680円、ネギ50円をトッピング、麺はシコシコ、いつまでも辛味が口の中で残って美味しいラーメンです。

名古屋駅西「にぼしラーメン88」さんです。一杯750円、味が濃く、腰のある麺、臭みが思ったほど無く、とても美味しいラーメンでした。店内が狭い関係で、実物の撮影は難しいです。

津島市「海海」の「海海ラーメン」です。豚骨味で、濃厚部類に入ると思います。一段と濃い好みの方は「こってり」味を注文するのが良いですよ。薄味が好みの方には塩ラーメンがお薦めです。

京都「天下一品」の「あっさり」味ラーメンです。二条駅前店でいただきました。これでもお味は濃厚でした。普通は一段と「こってり」しているようです。

★あっさり味

蟹江町今西地区にある中華料理店「晟昌」の醤油ラーメンです。一杯480円でお値打ち、とてもシンプルですが美味しいラーメンでした。

名古屋市中村区太閤通りにある「餃子の王将」でオーダーしたのが特製日本ラーメンです。醤油ラーメンに柚子と花鰹がトッピングされていました。スープは、ややとろ味があるような感じでした。柚子の香り味がスープの臭みやコクを取り除く感じで美味しかったです。

弥富市「海海」の「塩ラーメン」です。こってりした豚骨味の海海ラーメンも良いですが、あっさりした魚介系スープと極細麺が良くマッチした塩ラーメンも美味しいです。チャーシューも蕩けるような感じで最高です。一杯750円はお得な感じです。

真冬の京都まち歩きの〆として、京都駅近くの「新福菜館」に立ち寄ってきました。写真は中華そば(並)、一杯700円でした。見た目がこってりした味かと思いましたが、確かに味は濃いですが、意外とあっさりとしたお味でした。チャーシューと九条葱の薬味がタップリとトッピングされて、とても美味しかったです。

蟹江町今の「喫茶マサシ」のラーメンです。昔ながらのラーメンでとても美味しかったです。一杯700円、あっさりしたお味のラーメンです。

岐阜県海津市千代保稲荷参道にある「山川屋」さんの中華そばです。幟に「昭和の懐かしい味」とアピールされているように屋台の中華そばと言った懐かしく感じるお味でした。丼の塗りもかなり擦り減って昭和の感じがするのがまた良いです。

製麺専門店でもある尾張旭市「いなや」の中華蕎麦、懐かしい味のするラーメンでした。これで400円というお値段が有難いです。

姫路周辺は、播州の醤油作りが盛んな地だそうです。地ラーメンで「姫路ラーメン」というのもあるようです。写真は姫路城の駐車場にあるフードーコートで注文した中華蕎麦、ネギやメンマなど定番の物の他、花麩と錦糸卵がトッピングされていました。スープは、あっさり味で甘味がありました。

津島秋まつり見物の際に立ち寄ったのが、大衆食堂「なかむら」さん、ここで中華蕎麦をいただきました。麺は少し太麺、あっさり味で懐かしい昭和の味がするラーメンでした。

桑名駅前ビルの「桔梗屋」さんの中華そばです。石取祭見物の際に立ち寄りました。約30年ぶりにいただきました。和風のあっさりとしたお味で美味しかったです。

「どんきゅう花正店」の中華そば、鰹風味の和風ラーメン、薄味好みの水郷には少し塩辛く感じましたが、あっさり味で美味しかったです。これで一杯490円はお値打ちです。

蟹江町本町地区「かどふく」の中華蕎麦です。こちらも懐かしい昔ながらのお味でした。蒲鉾やホウレンソウがトッピングされているのも和風らしいですね。

「幸楽苑」の中華蕎麦、昔ながらのお味ですが、麺が今一つという感じでした。チャーハンを頼んだ方が良かったかも。。

愛西市立田地区の道の駅内の「レストラン立田」で販売されているレンコンラーメンです。お味はあっさりとした感じです。発想が奇抜で一度味わうことも良いかもしれませんね。

カレーライス

CoCo壱番屋のカレーライスです。津島市の金柳店でいただきました。ライスは、小食なので通常(300g)より少なめの200gをオーダー、ポーク味に野菜とチーズをトッピングしました。かつては3辛でしたが、通常の辛味をお願いしました。久々のCoCo壱、懐かしくいただきました。

焼きそば

蟹江町須成「喫茶松葉」の焼きそばです。名古屋の焼きそばは鉄板に玉子を引いていただきます。これが実に美味しいです。ここのイタリアン・ミートスパもこんな感じ、濃口で美味しかったです。平成26年3月29日で閉店しました。

蟹江町今「喫茶凡」の焼きそばです。細麺で独特の風味がある焼きそばソースを使用、鉄板で熱々で目玉焼きがトッピングされて美味しいです。これで630円とはお値打ちですね。

パスタ

津島市「HIYA」のあんかけスパランチです。名古屋の「よこいスパ」よりもピリ辛感があって気に入っています。海部津島地域であんかけスパを味わえる老舗でしたが、2015年秋に閉店したようです。ちょいと寂しい限りです。

こちらもあんかけスパ、弥富市の「パスタデココ」に入り「ピカタ」を食べてきました。カレー専門店のCOCO一番屋が経営するパスタ専門店です。量や辛さが選択できるなど小食気味の水郷には有難いです。

田舎寿司

この地区の田舎寿司です。巻き寿司,いなり寿司、そして「あなご(めじろ)」と「もろこ」の押し寿司が入っています。祭や行事の際によく食べられています。蟹江では舟入の「東京屋」さんの田舎寿司が特に有名で美味しいです。

お好み焼き

大阪難波「千房」のお好み焼きです。ビールとの相性が抜群でした。

B級では無いけど庶民的なグルメ編

味噌カツ

あま市七宝地区「かつみ屋」の味噌カツです。お肉も柔らかいですが、味噌だれがとても美味しいです。

生姜焼き

三重県名張市の初瀬街道沿いにある旧細川邸「やなせ宿」のレストランでは、毎日シェフが交代するワンデーシェフ制を採用、訪れた時は「伊藤家の食卓」の番で、限定20食の生姜焼きランチをいただきました。お肉も柔らかくて、とても美味しかったです。

釜飯

戦国浪漫を求めて小牧・長久手の戦いが行われた地域を散策、小牧城へ訪れる際、釜飯料理で有名な「日栄」に昼食のため立ち寄りました。山菜釜飯定食をオーダー、ワラビ、銀杏、椎茸がタップリと入り、ウズラの卵も2個入り、美味しかったです。

蕎麦

あま市丹波地区にある蕎麦専門店「竹馬」のざる蕎麦です。土蔵造りの建物で店内では、ジャズがかかって雰囲気抜群です。とてもシンプルな感じですが、とても腰のある蕎麦、蕎麦汁も美味しいです。かき揚げもオーダーすると美味しいですよ。この地期は二八をオーダーしましたが。数限定で十割蕎麦もあります。

京都市下京区四条通堺町東入立売中之町にある「総本家ゑびや」のざる蕎麦定食です。ざる蕎麦にかやく御飯がついて850円でした。そば汁は、濃い目でした。祇園祭前祭「山鉾巡行」の際に立ち寄りました。

長野安曇野市「常念」のざる蕎麦です。蕎麦の風味が抜群、腰があって美味しいお蕎麦でした。

名古屋市壇渓通「諏訪屋」のそば定食、蕎麦汁は名古屋独特の甘味が強い味醂を使用しているようです。

三重県いなべ市「響庵」のおろし大根蕎麦です。辛味大根のパンチ力があって一段と蕎麦が美味しく感じられました。

名古屋金山駅「黒亀」のおろし蕎麦御膳です。これにドリンクがついて750円ととてもお値打ちでした。

天麩羅

津島市金柳町の食事処「辰巳」の天麩羅定食です。サクサクでとても美味しい定食でした。この他、刺身、エビフライ、とんかつ、カキフライ定食など品書きが豊富なのも有難いです。

A級グルメはこちらのページへ

写真は京都六盛の「手をけ弁当」です。各地に出掛けて、豪華な料理もいただきました。これについては、写真をクリックの上、別ページへとお越しください。