水郷楽人のまち歩き名古屋編

名古屋市内の町並みや博物館・美術館巡りの記録を収録しました。

熱田神宮周辺散策(名古屋市熱田区)

2016年1月、正月明けに、昨年まで我が家に飾っていたお札を熱田神宮に返納するため参拝に出かけてきました。境内は、まだまだ多くの参拝客が訪れて賑わっていました。その後、新たなる火除けのお札をいただくために神宮に隣接する秋葉山円通寺まで参観に出掛けました。

大須界隈まち歩き(名古屋市中区)

覚王山から蟹江の帰路、大須界隈のまち歩きを楽しみました。古くから万松寺や大須観音の門前町、劇場や遊郭の歓楽街として栄えた地区です。今は家電や若者の集う街として活気に溢れています。

覚王山周辺歴史散策(名古屋市千種区)

揚輝荘聴松閣です。2015年GW最終日、名古屋市千種区覚王山周辺を散策、日泰寺や松坂屋に由来する揚輝荘北園、南園を散策。由緒ある建造物や庭園の見学を楽しんできました。

トヨタ産業技術記念館・トヨタ博物館・名古屋市博物館(名古屋市他)

写真はトヨタ産業技術記念館建物です。名古屋は日本の「ものづくり」の中心市として発展してきた歴史を有します。世界的な企業に成長したトヨタの発祥地でもあり、その原点を理解するには面白い施設です。この日は長久手市「トヨタ博物館」、清須市「キリンビール工場」を巡ってきました。翌日は、ボストン美術館と名古屋市博物館に出かけて忙しい一日となりました。

熱田神宮初詣(名古屋市熱田区)

熱田神宮です。日本武尊や草薙の神剣に所縁のある神宮です。周辺は「熱田の杜」と云われて、都心にある貴重な緑地帯でもあります。初詣がてら周辺を散策してきました。

八事興正寺境内散策(名古屋市昭和区)

尾張第2代藩主徳川光友の帰依を受け、尾張藩の祈願所として名古屋地方の真言宗教学、修行道場として諸堂の建立を許された古刹です。梅雨時期に訪れたところ境内は紫陽花の花が満開状態、観蛍会も開催されていました。とても賑やかな地区にあるのですが、緑が豊かで心が落ち着くスポットでした。

名古屋市美術館・科学館(名古屋市中区)

建築家黒川紀章設計の斬新的な建物が特徴の名古屋市美術館です。この日は日本画家上村松園の特別展を見学に出かけました。建物一帯は白川公園として都心の憩いの場となり、美術館には科学館が隣接しています。

栄町界隈散策(名古屋市中区)

写真は若宮大通公園内からテレビ塔に向かって撮影したものです。名古屋の都心部である栄町界隈、百貨店など大型商業施設などが立ち並ぶ一角に昔ながらの町並みが残されていました。

四間通界隈散策(名古屋市西区)

名古屋四間道界隈を散歩してきました。空襲の被害を免れた西区那古野町を南北に通る昔ながらのとおりで、古くからの建造物が残される地域です。都心とのギャップが特に面白く感じました。

名古屋城Ⅱ(名古屋市中区)

名古屋城天守閣からJR名古屋駅方向を撮影しました。名古屋のシンボル名古屋城は、戦前には国宝に指定されていましたが、太平洋戦争の際空襲のため焼失、戦後に鉄筋コンクリート造りで再建されました。現在、同じく空襲で焼失した本丸御殿が再建中で、一部公開されています。今後の進展が楽しみです。

名古屋城Ⅰ(名古屋市中区)

名古屋城東南隅櫓です。建物は重要文化財に指定を受け、秋に櫓内が特別公開されるため見学に出かけてきました。ちょうど城内では菊花展が開催されていました。