水郷楽人の塵芥録HP版へようこそ

このHPは、愛知県海部郡蟹江町在住、水郷楽人(mizunosato-gakuto)趣味の歴史散歩や家庭菜園などの記録をblog版から編集して収録したものです。よろしくお付き合いくださいね。

Ⅰ 水郷楽人の塵芥録HP版の構成です。

水郷楽人の塵芥録HP版は、2004年12月4日以来blog版で紹介させていただきました家庭菜園やまち歩きなどの記録を編集して再収録したものです。水郷の里「蟹江町」の歴史や祭、趣味の家庭菜園の様子、各地に出掛けまち歩きを行なった記録を中心に紹介していきたいと思います。なお、HPの構成は以下のとおりです。上記のバー若しくはサイドに配した画像をクリックしていただくと各ページへと移動できます。

Ⅱ 私本「蟹江町デジタルミュージアム」のページ

地元蟹江町に関する歴史・文化資料をデジタル化して編集・収録しています。構成は以下のとおりで、今後も随時更新する予定です。蟹江町の歴史文化や観光情報に関心のある方はご覧ください。

水郷蟹江の歴史・文化財編

愛知県海部郡蟹江町は、愛知県西部に位置し、名古屋市に隣接する町です。全町が海抜0メートルの低湿地帯で、まだまだ水郷景観が色濃く残り、古くから川を中心とした歴史文化を形成してきました。ここでは蟹江町の歴史や文化財、郷土料理などを紹介してみたいと思います。

水郷蟹江のまち歩き編

海部地域第2の商業都市として発展したきた蟹江町、名古屋のベットタウンとしてマンションや新興住宅が建設され都市化が進行していますが、まだまだ歩くと昔ながらの懐かしい街並みが残されています。そこから一歩足を伸ばすと長閑な田園風景が拡がり、水郷らしい景観が見受けられます。ここでは、町内の各地区を歩いた記録を紹介してみたいと思います。

水郷蟹江の人物編

写真は蟹江町が輩出した探偵小説(現推理小説)家の小酒井不木です。蟹江町は不木の他、新選組隊士佐野七五三之助、昭和の金融界風雲児神田鐳蔵、建築家の黒川紀章など多くの人材を輩出した地でもあります。蟹江人物編はこちらからご覧ください。

水郷蟹江の祭「須成祭」編

蟹江町の夏の大祭、須成祭です。国の重要無形民俗文化財に指定され、約400年ほどの歴史を有する祭です。毎年8月第1土曜日に宵祭、翌日に朝祭が執り行われます。写真は、宵祭の巻藁船が御葭橋を通過しようとするところ、御葭橋は、年に2度祭船が通過する際に跳ね上がる祭りのために作られた可動橋です。ここでは須成祭を始めとする蟹江町内の祭見物に関する記録を紹介したいと思います。

Ⅲ 水郷楽人趣味のページ

水郷楽人の個人的な趣味のページです。最近は、こちらのページを重点的に更新しています。構成は以下のとおりです。歴史散歩や家庭菜園などに関心のある方は是非ご覧ください。

水郷楽人の歴史散歩編

各地の歴史や町並み、花名所、祭見物なども行ってきました。各地域の魅力はそれぞれ異なりますね。意外な発見もあって面白いです。このページでは、この他、鉄道の旅やB級グルメなども紹介させていただいています。水郷楽人の歴史散歩編、是非ご覧ください。

水郷楽人の家庭菜園編

平成7年から健康づくりのため家庭菜園を始めました。概ね週2日の素人園芸です。試行錯誤の連続で、あれこれと旬の野菜を栽培中です。出来は今一つですが、MY畑を「アグリ水郷」と名付けて、気持ちばかりは立派な農園のようにしてみました。その中で尾張平野の伝統野菜の存在も知り、菜園で栽培に挑戦してみました。いろいろ愛知に関する野菜栽培の歴史を調べてみるのも面白いですね。ここでは栽培中の野菜の様子などを紹介していきたいと思います。

Ⅳ 水郷楽人の塵芥録blog版

2004年12月4日からスタートしている水郷楽人の塵芥録blog版、いろんな街へ出掛け歴史散歩を楽しみました。そして趣味の家庭菜園、出来不出来もありますが、いろいろ勉強もさせられております。その記録に関心のある方はご覧くださいね。